Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

成長かっこわらい

就活していて(と言ったらガチ就活生に怒られるレベルですが)、
よく出会う言葉である「成長」。

見るたびに気持ち悪かったのですが、
私の気持ちに近いブログを見つけました。
その方が仰るには

成長を売りにする企業には2パターンあり、
会社の成長
個人の成長
だそうです。
まあ会社の成長は結構。そもそも入社したら会社の利になる取捨選択をしなくちゃいけませんもんね。

私が気持ち悪かったのは個人の方。
なんで、私がその環境で「成長」できるの?
たぶん、彼らが言う「成長」は、

社会人として経験を積めて
円滑にコミュニケーションがとれて
物事を丸くおさめて
時にはダイナミックなアイデアで周りを驚かせて…

って感じ?(笑)
そのブログには会社への「順応」とありました。が。
私、それ要らないです←

成長することが良いことなのかも自分で判断できないくせに
成長したくありません。

物事の善し悪しとかは一定のルールが社会や文化には存在していますから
ある程度従うのを覚悟しますが、

美醜とか
気持ちよさとか
素晴らしさとか

なんで会社に決められなきゃいけないんだ。

私は、まだ自身の価値観がハッキリしてない。
むしろハッキリさせなくても
とか思ってる人間ですが

個の成長を謳う文句を
気持ち悪い
と思える人間で良かったと、
思ったのでした。