Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

手段と目的のすり替え

踊ることは目的じゃなくて、
手段なんだな。

と、最近切に感じる。

たとえば、
好きなひとに
好きって気持ちを伝えたくなったときとか、

言葉に出来ないモヤモヤを
どうしても外に出したいときとか、

そういう時に、
伝えたり、出したりするために
踊る。

そう考えると、踊りって、
言葉みたいだ。

言葉も踊りも、手段。

目的になると、
自己完結しちゃったり、
自己陶酔しちゃったり、

きっと、雑念が入る。

そういう意味で
踊りは手段であるべきだし
踊り手は、媒介者であるべきだと思う。

踊りには
自分のありとあらゆるものを注ぎ込む。

なのに、踊りは常にいち手段にとどまる。

踊りって、
ものすごく残酷で、美しい。

とても、惹かれる。