ゆく年くる年

2017年は時間がめまぐるしく過ぎて、

人間はこうやって余裕をなくして

思考停止してrobot-likeになっていくんだなあ

と感動し絶望した1年でした。

 

2017:
現実的な生活と現実逃避
抽象的・概念的思考が遠い

依存(枠的なものを俎上にあげて)

 

2017年は学生の間に理解していなかった

社会の仕組みを知ったり、

現実を目の当たりにしたり、

「現実」がひたひたと身体にまとわりついて

生活を始めた気がする。

でも、そこから逃げたくて

仕事とか人間関係とか生活とかを見ないで

それにも疲れて、色々とバランスを崩した

そんな1年でした。

 

現実を見たくないーと言うわりには

思考がどんどん現実味を帯びていって

抽象的なもやもやとか、概念的な感覚に

浸ったり考えたりすることから

離れてしまっているような気もして、

枠内にいるのが苦痛なのに枠外に行けない

みたいな。

 

人間関係の枠にも悩みまくって、

枠からはみ出たり、ハマってくれない人に

期待して悩んで自爆して、

枠なんて、とか口先では言ってたけど

自分が当事者になるのはものすごく痛い

最後の最後で依存しかけたり、今もだけど

 

そんなことがあったので、来年の目標

(最後やっぱり適当になる反省)

 

2018年にやること:
人間に対して期待しない
身体の使い分け
睡眠と遊びへの固執
パスポート取得
もう1つの収入源作りに挑戦してみる
どこにも見せなくていい振付を作る

IntimissimiとAnnebraに行く