Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

相手を理解しようとすること


後輩がバレエ公演のために振り付けた作品が
とっても素敵で

どういう気持ちから
こういう作品になるのかなあ

と考えています

やはり気持ちを理解しつつ
なりきらないと
踊りづらいので、

踊り手はこういったことを考えながら
試しながら、自分に落とし込みながら
作品に近づく努力をしている人が
多いように感じます。

かくいう私も考えるタイプ。

ひとつ、見えてきたのは
わたしと後輩の間にある
恋愛観の違い

失恋系の曲ってのが大きな要因ですね。

私が後輩の作品を
よーく理解して踊るためには
たぶん今までと正反対の恋愛を
して、傷つく必要があって、

まーそんなこととてもじゃないけど
できない。

でも、少しやってみたい気持ちにもなる

自分の枠を飛び出て
社会的にはオーケーだろうレベルで
生きてみる。

最近少しずつ挑戦しています。