Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

失楽園

野外で踊った時、
見上げた空が美しくて

あ、もうこれでいいです。

って思って。

夜はしんとしていて
朝は、容赦なく私を現実に戻す。

それでも、見上げた空は大きくて
私は、恋をしているのだと気付いた。

だんだん崩れていく笑顔が
警戒心を弱めていく笑顔が
そんな私を否定する。

深い声は
とんがった唇は
そんな私を受け入れてくれない。

どうやったら、自分の殻に閉じ籠れるの。
どうやったら、
その笑顔から
声から
唇から
逃れられるの。

ひとりで、いたい。
そう思うのとは裏腹に
人を誘い、誘われ、
予定の調整に追われて

私は、自分が出来る、したいことも
満足にできない。

透き通った肌に水分が反射して
ずいぶん美しい光景だった。
Remove all ads